MENU
SAWA
ご訪問ありがとうございます!
専門学校で2年間犬のトレーニングを学び、卒業後は動物病院に4年間勤務、その後結婚し現在は夫と2才の子供、Gレトリーバーのテディと暮らしながら、家事と子育ての合間に「犬との暮らしの中で役立つ情報」をこのブログで発信しています。
ブログ村ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ
ゴールデンレトリーバーの飼い方マニュアル制作中!飼っている方・これからお迎えの方必見>>

【レビュー】mizuno camper BASE 富川はこんなキャンプ場|犬+子連れでのキャンプの様子も紹介

SAWA

こんにちは!
夫と3才児との3人家族+Gレトリーバーと暮らしているキャンプ初心者のSAWAと申します。

今回は、滋賀県大津市のキャンプ場「mizuno camper BASE 富川」に子連れ(3才)&犬連れ(ゴールデンレトリーバー)でキャンプをしてきました!

テディ

こちらのキャンプ場は2021年7月にOPENしたばかりの新しいキャンプ場で、ペットはOKのキャンプ場になっています。

この記事では、キャンプ場の雰囲気や設備の様子などを始め、利用してみて良かった所や残念だった所も紹介していますのでmizuno camper BASE 富川が気になっている方の参考になれば嬉しいです♪

mizuno camper BASE 富川を選んだ理由
  • ペットがOKのキャンプ場
  • 子供に優しいキャンプ場
  • 遊べる川がある
  • 就寝時間などルールがしっかりしている
目次

mizuno camper BASE 富川はどんなキャンプ場?

mizuno camper BASE 富川は滋賀県大津市にあるキャンプ場です。

2021年7月にオープンしたばかりの新しいキャンプ場で、子供にとっても優しくて寛大なオーナーさんご夫婦が経営されています。

SAWA

滞在中はたくさんの子供たちがオーナーさんのことをおっちゃん!と呼び、管理棟に遊びに行って一緒に遊んだりお話していました♪

ジブリ好きにはたまらないキャンプ場

キャンプ場内の至る所にジブリのキャラクターがいてジブリ好きはテンションが上がること間違いなしです♪

ジブリがあふれるキャンプ場

管理棟付近では、ジブリで流れていたBGMがかかっていてジブリの世界にやってきた気持ちになれます♪

キャンプ場の詳細まとめ

\キャンプ場の詳細まとめ/

ペットOKのサイト全サイトOK(川側サイト・河原側サイト・山側サイト) 合計21サイト
チェックイン14:00〜17:00
チェックアウト~13:00
宿泊料金・川側サイト【平日:5500円、休日前:6000円】
・河原側サイト【平日:5500円、休日前:6000円】
・河原側大サイト【平日:6000円、休日前:6500円】
・山側サイト【平日:5000円、休日前:5500円】
※ゴールデンウイーク・夏季(8/13~8/17)は休日前料金になります
支払い方法現金(カード利用不可)
定員数最大定員5名まで(ただし子ども2名で大人1名分)
わんちゃん宿泊可能頭数特に記載なし(予約時に選択できるのは3頭まで)
わんちゃん宿泊料金無料
車両乗り入れ1台まで乗り入れ可、2台目以降は駐車場(車1台1000円)を利用
AC電源有り(20Aまで) ※使用料はサイト代金に含まれています
※2022年8月利用時点の情報になります
SAWA

定員数の5名(ただし子供は2名で大人1名分で計算)を超えての利用は禁止で、宴会・オフ会・グルキャン目的の大人数でのご利用は不可となっています。

テディ

子供も安心して利用できるファミリーキャンパー向けのキャンプ場です!

アクセス

名神高速道路「瀬田西IC」より10km、車で約14分で到着しました

住所:〒520-2265 滋賀県大津市大石富川1丁目11
TEL:080-3116-8336 または 0120-997-830

mizuno camper BASE 富川までの道のりは良好で、我が家は名神高速道路(瀬田西IC)から向かいましたが、アスファルトできちんと整備された道+片側一車線なので対向も気にせず到着できました!

出入口の目印として置き看板が置いてありました!夜は電飾で光っていましたが、お昼は見逃しやすいかもしれません(一度通り過ぎちゃいました😅)

目印の看板
SAWA

ちなみにスーパーは「スーパーフレンド」が車で約5分のところにあるので買い忘れがあっても安心です。

チェックイン

到着後、チェックインは管理棟の受付でおこない、利用するサイトと場内のルールを教えてもらいます。

チェックインの時間は14時~で、少し遅めな印象ですが翌日のチェックアウトが13時なのでかなり長い時間滞在できます◎

管理棟の受付の様子

受付
トトロをはじめ、受付にもたくさんのジブリキャラクターが隠れています♪

子供もニヤリ。頂いた嬉しいプレゼント

受付時に、息子がオーナーの奥様からいただいた緑の包みとうちわ。

トトロ風お菓子とうちわ

となりのトトロでサツキとメイがどんぐりの入った笹の包みをトトロからもらうシーンがあるのですが、頂いた包みはまさにその笹の包みを再現されていて、子供より私がテンション上がってしまいました(ジブリ好き)

ちなみに中身はどんぐりではなく、とあるお菓子でした😋

お心遣いがとても嬉しかったですし、息子も思わずニヤリ。ありがとうございました🥰

キャンプ場全体の外観・様子

mizuno camper BASE 富川全体の外観や雰囲気などを紹介します。

管理棟

管理棟はキャンプ場出入り口付近にあり、扉などはなく開放的になっているので子供たちも遊びに行きやすいのかいつも子供たちの笑い声であふれていました😄

管理棟

管理棟では薪と炭も販売されています。

また、自動販売機も設置されており、万が一飲み物が足りなくなっても安心です。

自販機・ペットボトルビン回収

自動販売機の隣には、カン・ビン・ペットボトルを無料で回収してくれるゴミ箱があります。

ちなみに燃えるゴミは受付時にゴミ袋を頂けるので、撤収時に無料で回収してもらえます。

それ以外の燃えないゴミはお持ち帰りになります

SAWA

燃えるゴミとペットボトル・カンの無料回収はありがたかったです!

トイレ

管理棟のすぐ近くにトイレがあり、場内のトイレはこちらの一か所のみになります。

トイレと洗い場

トイレは汲み取り式の簡易トイレになっています。(男性用小便器1つ・男女兼用洋式1つ・女性用洋式1つ)

簡易トイレってあまりきれいなイメージがない方が多いと思いますが、実際こちらのトイレは中がおしゃれにレイアウトされていて、においもそこまで感じませんでした!

簡易トイレの中
↑写真は男女兼用側の洋式トイレ

うちの子は暗くてせまいトイレは怖がってトイレに行けないことがありますが、こちらのトイレは全然平気でした😊

女性用洋式トイレには生理用ナプキンが置かれており、ご自由にお使いくださいと記載がありました。こういった心遣いはありがたいです!

洗い場

トイレのすぐ横には、洗い場があります。

洗い場全体の様子

洗い場はこちらの一か所のみですが、蛇口数も十分で私が利用した日も混みあう様子はありませんでした。

無添加泡せっけんハンドソープが置かれていました!スポンジや食器用洗剤などはありませんので必要な方は持参しましょう。

キャンプで使用する食器用洗剤は環境に優しいエコな洗剤を!

キャンプ場の下水施設は都会より整っていないことが多く、洗浄力の強すぎる洗剤は川などにそのまま流れてしまうこともあり、自然に優しくありません。

植物性や無添加洗剤であれば、微生物によって洗剤の成分が水や二酸化炭素へ分解され、環境に配慮することができます。

我が家が愛用しているヤシノミ洗剤は環境にも優しく、手荒れもしにくいのでおすすめ!

自然を守るためにも、環境に優しい洗剤を使用しましょう(^^)

炭捨て場

場内のちょうど中央付近に、炭捨て場があります。

炭捨て場

炭の他に、使用済みのアルミホイルも捨てられるようになっていました。

入り口付近の遊具など

入り口付近には、木で作ったトナカイの乗り物・輪投げ・ボール投げなど子供が遊べる手作りの遊び道具が置かれていました。

トナカイの乗り物

全て木で出来たトナカイの乗り物は、ソリの部分に乗れます!

手綱(たづな)もついていて、ハイヨー!と掛け声を出しながら遊んでいました♪

シカさんの遊具

輪投げとボール投げ

輪投げとボール投げも手作りで作られたもので、もちろん無料で遊べます。

輪投げとボール投げ

サイト全体

キャンプ場入口(管理棟)から、奥に向かってサイトがずらっと並んでいます。

サイトの種類は全4種類!
  • 川側サイト(9区画)
  • 河原側サイト(3区画)
  • 河原側大サイト(1区画)
  • 山側サイト(8区画)

左側が川側サイト、右側が山側サイト、奥側が河原側サイトとなります

サイト全体

サイトの種類は4種類あり、サイトの大きさは河原側大サイト以外は同じサイズ表記(9m×8m)となっています。

河原側大サイトは13m×8mと他のサイトよりも大きいサイトになりますが、限定1区画ということもあり、なかなか予約がとれないサイトとなっています。

サイト同士は木の柵で仕切られており、目線の高さにちょうど柵の部分が来るためお隣さんの視線が気にならず良かったです♪

SAWA

他にも、各サイトに1つずつ消火器と踏み台が置いてありました。
踏み台はテントを建てる際のフライシートをかぶせる際などにすごく役立ちました!

ちなみに我が家が使っているテントはコールマンのタフスクリーンMDX+という2ルームテントで、3~4人ファミリーにはちょうど良い大きさの大型テントです。

テディ

大人2人+3才児と大型犬(Gレトリーバー)が寝室に入っても並んで眠れます!買って良かったテント!おすすめです♪

各サイトの地面は砂地で、翌日に大雨を経験しましたが水はけは良好でした!

川側サイト

川側サイト

川側サイトは、サイトの奥側が川になっているサイトで、そのまま下へ降りて川に直接行くこともできるサイトです。

SAWA

そのまま降りて川へ行くことができるのは便利ですが、柵などがないため小さなお子さんは目を離さないように気を付ける必要はあります。

夏場は川遊びがメインの方も多いと思いますし、実際に私たちが宿泊した8月のとある平日も川側サイトはすべて埋まっていました!

川側サイトから川へ降りたときの写真

川側サイトから川へ

川の水も透き通っていて、浅瀬の部分が多いです。

河原側サイト・河原側大サイト

河原側サイト

河原側サイトと河原側大サイトは、奥側が河原(川)になっているサイトで、河原側サイトは3区画、河原側大サイトは1区画あります。

河原側サイトと川側サイトの違いは、川側サイトは直接川へ続くのに対して河原側サイトは大きな河原を通って川へ向かいます。

山側サイト

山側サイト

山側サイトは奥側に梅の木がたくさん生えており、川には面していません。

そのため、サイト料金が他の川側サイトや河原側サイトに比べて500円安く設定されています。

ただ、サイト自体の広さは川側&河原側サイトと同じですし、川遊びにも河原側サイトにある通路から問題なく行くことができるためそこまでデメリットを感じません。

SAWA

むしろ他サイトより500円安いし、梅の花が咲く季節はきれいでしょうしメリットも大きいかも!

我が家が宿泊したのは河原側サイト(とうもろこしサイト)

今回我が家が利用させていただいたのは河原側サイトのとうもろこしサイトで、キャンプ場の一番奥側の左角にあるサイトになります。

SAWA

ちなみにサイト名も各自ジブリ作品にちなんだサイト名になっていて世界観が素敵!(とうもろこしの他にもこだまサイトや魔女サイトなども😊)

とうもろこしサイト全体図(何もなし)

テントと車を横並びにしても、手前や車の奥にはスペースがあり、テーブルを置いて焚き火をするスペースも十分確保できました!(スペースが足りない場合は車をサイトの前に停めて利用するのもOKとのことでした!)

とうもろこしサイト(車・テント設置)
SAWA

河原側サイトを選んだ理由は川へのアクセスが近かったことと、奥側にあるので夜はトイレなどの人通りもなく熟睡できそうと思ったからです(笑)

テディ

結果としてはプライベート感もあり、川も近くて最高でした!
ただ、夜はあいにくの大雨で熟睡は出来なかった…(キャンプ場のせいではありません、雨のせいです😅)

わんちゃんはイガイガを踏まないように注意!

品種が不明なのですが、イガイガしたイガグリのようなものがキャンプ場のところどころに落ちており、触ると刺さるぐらい痛かったので、愛犬が踏まないように注意しました。

イガイガ

とうもろこしサイトの端の方にもいくつか落ちてあって、多分木から落ちてきているのだとは思いますが結構たくさん落ちていました。

くつの上から踏んでしまっても痛くはありませんでしたが、靴を履いていないわんちゃんの足の裏や肉球に刺さってケガをしてしまうかもしれませんので、見つけたらわんちゃんの届かないところにイガイガを移動させてくださいね。

河原の様子・川遊び

河原へ向かう場合は、河原側サイト(おたまじゃくしサイトとオカリナサイト)の間の通り道を通って向かいます。

河原側サイトから川へ向かう

河原は広く、井戸水汲みや黒板看板などの子供が楽しめるコーナーがあり、川遊び以外でも息子は大喜びで遊んでいました♪

河原の様子。結構ゴツゴツした岩や石が多く、つまづき注意!

河原

子供が大喜び!手押しポンプで井戸水汲み体験ができちゃう

河原には、となりのトトロでサツキとメイが井戸水を汲んでいたものと同じような手押しポンプが置いてあり、無料で体験できます。

井戸水で遊ぶ

勢いよく出てくる水に息子は大喜びで、何回も何回も自分で水を出して遊んでいました!

看板にチョークでお絵描きができる

手押しポンプの横には、くうねるあそぶと書かれたお手製の看板があります。

チョークと黒板消しが置いてあり、看板に書いて遊べるようになっています

川遊び

川は浅瀬の部分が多く、透き通った水でとてもきれいでした。

川遊び

川の一部は深い場所や流れが速いところがありますので、子供さんや泳ぎが苦手なわんちゃんには念のためライフジャケットの装着をおすすめします

犬服と猫グッズのお店 DOGCHOICE
¥1,980 (2022/08/22 19:17時点 | 楽天市場調べ)

愛犬も大喜びで、浅瀬で走ったり少し深いところまで行って泳いでみたりと川遊びを満喫しました。

テディが泳ぐ様子

とても嬉しそうにしていました😊

嬉しそうな愛犬

流れの速いところもあり、息子はおおはしゃぎでしたがしっかり手を繋いで流されないように気を付けました

川遊び中の家族と犬

川の中も河原と同じく大きな石が多めで少し滑りやすかったので、サンダルよりもマリンシューズがおすすめです!

しっかり手を繋いで川遊び

温泉・シャワーなどの入浴設備

mizuno camper BASE富川には温泉や、シャワーの設備が残念ながらありません。

そのため、お風呂に入りたい場合は最寄りの入浴施設を利用することになります。

最寄りの入浴施設
  • 南郷温泉”二葉屋” 車で約 8分
  • 石山 昭和の銭湯”容輝湯” 車で約20分
  • 大津温泉 ”おふろcafeびわこ座” 車で約20分
テディ

ペットをキャンプ場に置いて外出することは禁止されています。
犬連れの方が入浴施設に向かう場合は、車で一緒に連れていき、交代でお風呂に入る(誰かはわんちゃんと待機する)などの配慮が必要になります。

夏場などは特に汗をかきやすいので、汗拭きシートやドライシャンプーなどを持っていけば不快感を解消できます。

晩ごはんと朝ごはん(キャンプ飯紹介)

施設紹介ではありませんが、我が家のmizuno camper BASE富川で作った晩ごはんと朝ごはんを紹介します。

晩御飯は定番のカレー

晩御飯は、定番のカレーライスを作って食べました!

定番のカレー(キャンプ飯)
SAWA

お野菜などは少しでも楽するためにあらかじめおうちで切ってきました!
ルーは市販の固形ルーを使いました。

白米はメスティンを使い、固形燃料で自動調理しました。

使っているメスティンと自動調理が全てセットになったものはAmazonで購入しました。焦げ付くこともなく必要なアイテムも全てセットになっているので、こちらも購入して良かった調理器具です。

¥2,780 (2022/07/06 12:57時点 | Amazon調べ)

メスティンの中にお米とお水を入れて、固形燃料を下にセットして火をつけ、固形燃料が燃え尽きたらご飯が炊けているという優れもの(基本放置です)

初心者でも簡単においしく炊き立てご飯ができるので、キャンプに行ったときは必ず使っています。

朝ごはんはホットサンド肉まんとコーンスープ

朝ごはんは、ホットサンドメーカーを使って、ホットサンド肉まんを作りました。

我が家が使用しているホットサンドメーカーはこちら!(圧着できるタイプ)

SAWA

キャンプアニメのゆるキャン△で紹介されていたらしく、夫が作ってくれました🤣

ホットサンド肉まん

ホットサンド肉まんの作り方はすごく簡単で、チューブバターをホットサンドメーカーに結構たっぷりめに塗って、スーパーで売られている肉まんをホットサンドメーカーで挟んで焼くだけです。

肉まんが程よくカリカリになってきたら完成!

バターで肉まんを挟んで焼くだけなのに、すごくおいしかったです😋

まとめ

ランタン

今回はmizuno camper BASE 富川にて犬連れファミリーキャンプを満喫してきました♪

こちらのキャンプ場はまだオープンから約1年目なこともあり、トイレも簡易トイレでお風呂やシャワーなど設備面ではまだまだ整っていない部分も多かったです。

ですが、その不便さ以上にキャンプに来た人が来てよかったと思えるような工夫がたくさんされていました。

子供が楽しめるように手作りの遊び道具がたくさんあったり、川遊びができたり、オーナーさんご夫婦が本当に親切で頼もしい方達で、帰りは車が見えなくなるまで手を振ってくれていました。

SAWA

子供連れのファミリーキャンパーさんは絶対に楽しめるキャンプ場です!

わんちゃんはノーリードOKのサイトこそないものの、ペットOKのキャンプ場は意外と少ないですし、無料なのもありがたかったです。

テディ

川遊びが好きなわんちゃんには特におすすめのキャンプ場だよ

最後まで読んでくださりありがとうございました!

▼他のキャンプ場(関西近郊)のレビュー記事も良ければご覧ください♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次