MENU
SAWA
ご訪問ありがとうございます!
専門学校で2年間犬のトレーニングを学び、卒業後は動物病院に4年間勤務、その後結婚し現在は夫と2才の子供、Gレトリーバーのテディと暮らしながら、家事と子育ての合間に「犬との暮らしの中で役立つ情報」をこのブログで発信しています。
ブログ村ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ
ゴールデンレトリーバーの飼い方マニュアル制作中!飼っている方・これからお迎えの方必見>>

人間用オムツで【男の子(オス)用】の犬オムツを作る方法|簡単アレンジ・節約

男の子のわんちゃんは、女の子と違いオムツを履かせるオムツだけではおしっこをカバーできない場合が多いです。

そこでよく併用されるのがマナーベルトタイプのオムツですが、実はマナーベルトタイプのオムツも人間用オムツをアレンジして代用できます。

人間用オムツを加工する手間はありますが、少しのアレンジだけでかなり節約できますのでぜひ作ってみて下さい!

\女の子や履かせるタイプのオムツのアレンジ方法はこちら!/

この記事を書いた人
目次

マナーベルト型のオムツとは?履かせるタイプとの違い

マナーベルト型と履かせるタイプの違い
  • マナーベルト型オムツ・・・おしっこの漏れ防止として使用する
  • 履かせるタイプのオムツ・・・うんちの漏れ防止として使用する
テディ

女の子は履かせるタイプのオムツのみでおしっこもうんちもカバーできますが、男の子はマナーベルト型も履かせるオムツと併用するのが基本です。

男の子の場合、お尻に履くタイプのオムツだけではおしっこがカバーできない可能性があるため、マナーベルト型のオムツを併用します。

SAWA

お尻に履くタイプだけの使用では、オムツの長さが足りなくて漏れてしまったり、長さが足りているように見えても、よく動くわんちゃんの場合ずれてしまうことも。

そこで、マナーベルト型のオムツを履かせておしっこの漏れを防止し、お尻から履かせるオムツでうんちをカバーします。

マナーベルトタイプを使用する場合

面倒かもしれませんが、マナーベルト型のオムツも併用することでおしっこが漏れる確率をかなり下げられますし、漏れたときの不快感を減らせます。

今回は節約のために人間用オムツをアレンジしてマナーベルト型に加工する方法を紹介していきますが、犬用のマナーベルト型のオムツとして有名なのはマナーウェアです。

\マナーベルト型の犬用オムツで有名なのはマナーウェア/

楽天24
¥1,947 (2022/11/26 16:11時点 | 楽天市場調べ)

手作りオムツとの違いはデザインがおしゃれであったり、犬用として作られているためわんちゃんへのフィット感は抜群ですが、手作りオムツよりは割高になってしまいます。

SAWA

デザインにこだわりたい方やフィット感を大切にしたい方には既製品(犬用)がおすすめ!
消耗品だし節約したい方は今回紹介する手作りオムツがおすすめですよ!

それでは実際に作り方を紹介していきます!

とっても簡単に作れますので犬用か手作りにするか悩んでいる方はまず作り方を見て参考にしてもらえればと思います。

人間用オムツをマナーベルトタイプにアレンジする方法(作り方)

今回紹介する方法は、人間用の使い捨てオムツのパンツ型をアレンジする方法です。

使用する使い捨てオムツのサイズ目安はこちらをご覧ください。

準備するもの

準備するもの
  • 人間用のパンツ型使い捨てオムツ
  • ハサミ(最悪なくてもOK!)
SAWA

用意する人間用オムツはパンツ型です!
テープ式のオムツと間違えないように注意!

作り方の手順
  1. 人間用のパンツタイプのオムツを用意する
  2. パンツタイプの左側と右側をハサミで縦に切って長細い状態にする
  3. ウエスト(胴回り)に巻いてオムツについているテープで固定する
SAWA

簡単3ステップで作れます!

①人間用のパンツタイプのオムツを用意する

必ずパンツ型のオムツを用意してください(テープ式のオムツだと形状が異なるのでアレンジが難しくなります)

今回作るために使用したのはパンパースのサラサラケア(BIGサイズ)です。ウエスト(当てる部分)周りが48cmぐらいまでのわんちゃんに使用可能です!

人間用オムツを準備
我が家の愛犬(ゴールデンレトリーバー25kg)は残念ながらBIGサイズでもウエストが周らず無理そうです。(そもそも女の子でした^^;)

②パンツ型の左側と右側をハサミで縦に切って長細い状態にする

パンツ型を広げて、左右両方につなぎ目部分があるのでそこを切ります。

ハサミで切っても構いませんし、手で引っ張るときれいに裂けます(まれに失敗することがあるので慎重な方はハサミを使ってくださいね!)

写真の点線部分をカットします

オムツのこの部分を切り取ります

ハサミでカットした場合の様子

ハサミでカット

手で引き裂いた場合の様子

手で引き裂いた場合はこんな感じ

左右を切るとこんな感じで長細くなりますのでこれで完成です

左右を切るとこんな感じ

③ウエスト(胴回り)に巻いてオムツについているテープで固定する

製作したオムツを実際にマナーベルトのように巻いていきます。

SAWA

ちょうどいいわんちゃんのぬいぐるみがなかったため、わかりにくいですがゾウさんのぬいぐるみでレクチャーします🙇‍♀️

締め付けは人差し指が1本入るぐらいがベストです。きつすぎると苦しいですし、ゆるすぎてもずれてしまいます。

実際に巻いていきます

オムツについているテープ部分が上にくるように巻いてください。このテープで固定します。

テープ部分が上にくるように

このテープだけでしっかり止まりますが、よく動く子など外れてしまう場合はさらに上からテープで補強してくださいね。

マナーベルト型完成!

人間用オムツをマナーベルト型に加工する際のサイズ目安

マナーベルト型に加工する際のウエストサイズの目安表

※以下の目安はパンパース(さらさらケア)のパンツタイプでの目安です。実際に測定して調べましたがオムツのシワ具合や個々のばらつきにより多少大きさに違いがあると思いますのでご注意ください。パンパース以外のオムツメーカーの場合は以下の目安サイズとは異なりますのでご注意ください。

  • ウエスト38cmぐらいまで…パンツ型Sサイズ
  • ウエスト44cmぐらいまで…パンツ型Mサイズ
  • ウエスト46cmぐらいまで…パンツ型Lサイズ
  • ウエスト48cmぐらいまで…パンツ型BIGサイズ
  • ウエスト48cm以上のわんちゃん…以下で紹介している解決策で対処する
SAWA

我が家は子供のオムツがパンパースだったため、パンパースのサイズを測って調べました。パンパース以外のメーカーオムツを使用する場合は、お試し用などの枚数が少ないものでまずは試してくださいね。

テディ

上記のサイズはあくまで素人がメジャーで測定した結果です。
必ずしもそのサイズでOKかと言われると自信がないです。
初めての場合はギリギリのサイズよりも1つ大きいサイズを買う方が確実です。

\パンパースサラサラケアの購入はAmazonがおすすめ!/

※サイズに関する注意点(中~大型犬は特に注意)

人間用オムツには、赤ちゃん用(新生児・S・M・L・LL)~大人(介護)用までさまざまなサイズがあります。

履かせるオムツの場合はそれぞれわんちゃんのウエスト(胴回り)に合ったサイズを選ぶことで人間用でも幅広く対応できますが、マナーベルト型に加工して使用する場合には注意点があります。

それは、人間用オムツの縦の長さ(特に赤ちゃん用)はサイズが大きくなっても大差がないことです。

LLサイズやBIGサイズでもオムツの縦の長さはMサイズとほとんど違いがありません。

写真はパンパースのMサイズとBIGサイズを比較したものです。(左Mサイズ・右BIGサイズ)

オムツの縦の長さ比較

ウエストは広げたときにBIGサイズの方が5cmほどMサイズより大きかったのですが、縦の長さは2cmしか違いませんでした。

そのため、中型犬~大型犬のわんちゃんは特に注意が必要で、履かせるオムツでは人間用のBIGサイズで大丈夫だったとしても、マナーベルト型に加工するとBIGサイズでは長さが足りない場合があります。

SAWA

マナーベルト型に加工する場合は、「オムツの縦の長さ×2以下」までのウエストのわんちゃんが使えます。

テディ

例:パンパースのBIGサイズの場合、オムツの縦の長さが24cmなので24×2でウエストが48cm以下のわんちゃんなら使用できます。

ただし、あまりギリギリのサイズを攻めるとオムツのシワ加減や個々のばらつきによりウエストが周らないこともありえますので、初めての場合はギリギリのサイズよりも1つ大きいサイズを買う方が確実です。

ウエスト(胴回り)が48cm以下の犬種の目安としては、シーズーやパグ、キャバリアなどの8キロ以下のわんちゃんです。

ちなみにMサイズの場合は縦の長さが22cmなので×2でウエストが44cm以下のわんちゃんに最適です。

赤ちゃん用オムツではサイズが足りない場合の解決策

サイズ(ウエストの長さ)が足りない場合は諦めるしかないの?

サイズが足りない場合は、解決策が2パターンあります。

  1. パッド型の介護用オムツを使用する
  2. 大人用のパンツ型オムツを使用する

解決策1:パッド型の介護用オムツを使用する

パッド型の介護用オムツは、加工せずとも巻いてそのまま使用できるためとても便利です。

ウエストが50~63cmのわんちゃんにはパッド型がおすすめです!

長さや幅も豊富で、愛犬の体の大きさに合わせて選びやすいのも特徴です。

筆者が調べたものでは63cmが一番大きいものでした。

大型犬にはワイドサイズがおすすめ!

\ウエストが63cmまでのわんちゃんに/

↑こちらの商品はウエストが50~63cmまでのわんちゃんに最適です。

パッド幅が少し太く32cmあるので、ウエストが49cm以下のわんちゃんは以下の女性用パッドがおすすめです!

中型犬には女性用がおすすめ!

中型犬(ウエストが49cm以下)のわんちゃんは、パッド幅が20cmぐらいの女性用パッドが最適です。

\ウエストが49cmまでのわんちゃんに/

¥1,016 (2022/10/29 15:20時点 | Amazon調べ)

↑こちらの商品はパッド幅が21cm、ウエスト49cm以下のわんちゃんが使えます!

解決策2:大人用のパンツ型オムツを使用する

ウエストが64cm以上の大型犬~超大型犬の場合は、パッド型のオムツではウエストに周らないため、大人用のパンツ型オムツ(介護用のS~Mサイズ)をマナーベルト型に加工するのがおすすめです。

SAWA

現在手元に介護用オムツがなくて、ウエストが何cmまで対応なのかまだ調べられていません。近いうちに購入して調べる予定です!

ウエストが63cm以下であれば、上記で紹介しましたパッド型の介護用オムツがおすすめ!加工の手間が省けて犬用オムツよりも節約でき一石二鳥です(^^)

大人用オムツであってもアレンジの仕方は上記で紹介している作り方と同じですが、赤ちゃん用オムツのように固定するテープがついていないこともあるため、その場合はOPPテープや布テープなど剝がれないテープで固定してください。

実際どれぐらいお得?犬用と人間用の価格比較

いくらお得?

人間用オムツを加工すれば、ひと手間はかかりますが犬用のマナーベルト型オムツよりも節約できてお得です。

実際にいくらぐらいお得なのか、価格を調査してみました。(※オムツの価格はお店によって異なったり変動する場合があります。今回紹介している価格は2022年10月時点でのアマゾンで販売しているオムツ価格を参考にしています)

スクロールできます
犬用オムツのサイズ1枚あたりの価格代用できる人間用オムツ1枚あたりの価格
マナーウェアSSSサイズ
(ウエスト15~30cm)
39円パンパース(パンツ)Sサイズ22円
(17円お得)
マナーウェアSSサイズ
(ウエスト30~35cm)
42円パンパース(パンツ)Sサイズ22円
(20円お得)
マナーウェアSサイズ
(ウエスト30~40cm)
44円パンパース(パンツ)Mサイズ23円
(21円お得)
マナーウェアMサイズ
(ウエスト40~45cm)
48円パンパース(パンツ)Lサイズ27円
(21円お得)
マナーウェアLサイズ
(ウエスト45~50cm)
51円パンパース(パンツ)BIGサイズ
(※ウエスト48cmまで対応)
32円
(19円お得)
P.one 男の子用マナーおむつ
(ウエスト50~64cm)
108円アテント夜1枚安心パッド
(長さ63cmのパッドタイプ)
52円
(56円お得)
SAWA

私が調べた限りでは、1枚あたり約17円~52円お得になる結果でした!体が大きくなればなるほどコスパが良くなります。

オムツ生活はこれから先、何年も続くことが多いです。

加工する少しの手間はかかりますが、消耗品であるオムツを節約して浮いたお金で愛犬の大好きなオヤツを買ってあげられますよ!

まとめ:節約するなら人間用オムツがコスパ〇

男の子用のマナーベルト型オムツの作り方やどれくらいお得かを紹介させていただきました。

ざっくり要点まとめ
  1. マナーベルト型オムツは男の子のわんちゃんのおしっこ漏れ防止のオムツ
  2. デザイン・フィット感重視なら既製品、節約するなら手作りオムツがおすすめ!
  3. 作り方はパンツ型の左右を切ってウエストに巻き、テープで止めるだけ
  4. ひと手間はかかるが犬用オムツよりもコスパ◎で節約できる!

今回は男の子のマナーベルト型オムツの作り方を紹介しましたが、他にも履かせるタイプのオムツの作り方の記事をはじめわんちゃんの介護に関する記事を書いていますので良ければ参考にしてくださいね。

愛犬の介護は大変ですが、飼い主さんとわんちゃんお互いが無理なく快適に過ごせますように。

\女の子や履かせるタイプのオムツのアレンジ方法はこちら!/

\寝たきりのわんちゃんにおすすめのマット・床ずれ対策の記事はこちら/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次